よい睡眠を得るために|かくれ不眠ラボ 睡眠改善委員会


Copyright © All Rights Reserved.

よい睡眠を得るために

寝なくては、という意気込みはかえって目を冴えさせます

睡眠を気にするあまり、「この時間に寝なくては」、「さあリラックスしよう」と意気込むと、それがストレスになって脳が活性化し、かえって目が冴えてしまいます。これは、眠ろうとがんばるほど興奮が強まり、眠るためにするいろいろな試みが、「眠らせない」という脳の反応に結びついてしまうためです。
「こうしなくてはだめ」、「あれをしてはだめ」という考え方にとらわれるのではなく、「これができた」、「これは自分にとって気持ちがいい」ということを大切にして、自分なりのリラックス法を見つけましょう。

日々の生活でのちょっとした工夫で、快適な眠りを手に入れることができます。食事、運動、寝室など、眠りのための環境が整っているか見直してみましょう。

  • 食事の工夫
    朝食はしっかりと、夕食は就寝2時間前までに
    解説を読む
  • 軽い運動
    朝の散歩と夕方の軽い運動
    解説を読む
  • ぬるめの入浴
    入浴は40℃前後のぬるめのお湯で、30分くらいの時間をかけて
    解説を読む
  • 眠る環境づくり
    寝る前の寝室の明かりは暗めに、室温・湿度にも気をつけて
    解説を読む
  • 睡眠改善薬の使用
    ドラッグストアなどで買うことができる「睡眠改善薬」を上手に使い、「眠りの悪循環」を早めに断ち切る
    解説を読む
  • その他のポイント
    早起きで体を疲れさせる、短い昼寝、寝る前にTVやパソコンを見ない、などのちょっとした工夫もポイント
    解説を読む
ブレインヘルス