よい睡眠を得るために-その他のポイント

  • よい睡眠を得るために
  • 睡眠トリビア

早起き

うまく寝付けなくても、早起きすることで自然と寝つけるように
 夜うまく眠れなくても、早起きする習慣をつけることによって、日中の疲労がたまり、夜になると自然と眠れるようになります。早寝できない時は、早起きして体のリズムを整えましょう。

短い昼寝

どうしても眠くなったら無理せずに20分以内の短い昼寝を
睡眠に問題がなく、規則正しく生活している人でも、昼間に眠気を感じることはよくあります。
夜の眠気を増すため、できれば昼間は寝ないで過ごしたいところですが、逆に集中力が落ち、予期しないミスにつながってしまいます。
どうしても眠い場合は、椅子に座るなどして20分以内の仮眠をとりましょう。20分以内なら、睡眠が深くなる前にすっきりと目覚めることができます。それ以上長いと、睡眠が深くなってしまうため、昼寝後の脳の覚醒度は落ちたままになってしまいます。

テレビやパソコンは寝る前に見ない

寝る寸前までテレビやパソコンなどの情報量の多いものを見続けない
テレビ、パソコンや携帯電話でのネットサーフィンなどは情報量が多く、脳は情報処理のために活性化してしまいます。
寝る1時間前にはテレビやパソコンの前を離れるように心がけ、脳をリラックスさせましょう。

よい睡眠を得るために:食事の工夫

  • よい睡眠を得るために
  • 睡眠トリビア

ページ先頭へ