よい睡眠を得るために-睡眠改善薬の使用

  • よい睡眠を得るために
  • 睡眠トリビア

ドラッグストアなどで買うことができる「睡眠改善薬」を上手に使い、「眠りの悪循環」を早めに断ち切る

不眠の症状は、初めは一時的なものであっても、不眠と心身のストレスが互いに悪影響を及ぼして、症状がどんどん複雑なものになってしまいます。薬には、その悪循環を早めに絶つ働きがあります。
睡眠に対しての薬には、医師に処方してもらう睡眠薬(睡眠導入剤)の他に、薬局・薬店・ドラッグストアで市販されている「睡眠改善薬」のような薬があります。

睡眠改善薬は、寝つきが悪い、眠りが浅いなどの一時的な不眠症状を緩和させるもので、ずっと飲み続けるものではありません。また、医師の処方による睡眠薬(睡眠導入剤)とは違い、覚醒をうながす「ヒスタミン」という体内物質の働きをブロックして寝つきをよくする薬です。実はこの作用は、多くの方が経験されているであろう、風邪薬や鼻炎の薬を飲むと眠くなる、という作用をうまく利用した薬なのです。そのため、用法・用量を守っていれば、習慣性や依存性はないことが分かっています。

「薬を使ってまで眠りたくない」という方もいらっしゃるとは思いますが、なかなか眠りを改善できないような方には、ドラッグストアなどで手軽に購入できる睡眠改善薬を使って、まずは「眠りの悪循環」を断つ、ということも一つの選択肢になるのではないかと思います。

かくれ不眠のループと睡眠改善薬

かくれ不眠を放置していると、集中力ややる気、活動力が低下し、仕事などの効率・精度へ影響します。その結果、ますますストレスがたまっていくことになります。
また、このストレスがかくれ不眠を助長する要因ともなるため、悪循環となっていきます。さらに、ストレスの蓄積により、さまざまな病気を発症する危険性をも高めてしまうことになりかねません。

まず、このかくれ不眠のループ、つまり眠りの悪循環を断ち切ることが最初のステップです。その方法のひとつとして、睡眠改善薬は有効な方法と考えられます。

ちょっと薬のチカラを借りて本来の睡眠リズムを取りもどしてみましょう。

よい睡眠を得るために:その他のポイント

  • よい睡眠を得るために
  • 睡眠トリビア

ページ先頭へ