よい睡眠を得るために-ぬるめの入浴

  • よい睡眠を得るために
  • 睡眠トリビア

入浴は40℃前後のぬるめのお湯で、30分くらいの時間をかけて

熱すぎるお湯では、交感神経が興奮してかえって目が冴えてしまい、深部体温まで上昇してしまうため、ぬるめのお風呂が良いでしょう。
ぬるめのお風呂にゆったりつかると、体の表面の血行が良くなり、深部体温が放散されやすくなります。これによって、徐々に深部体温が下がり、眠りにむけて準備が整っていきます。
また、ゆっくりとお風呂につかることは、心身のリラックスにも効果があります。
リラックス効果のある香りの入浴剤やバスソルトなどを使うのもおススメです。
スッキリと目覚めたい朝には、熱さが刺激となる熱めのシャワーが良いでしょう。

リラックス効果のある香り-緊張やストレスがあるとき:ラベンダー・ベルガモット・カモミール・マジョラム・オレンジスイートなど-落ち込み、無力感があるとき:イランイラン・ジャスミン・ローズマリー・ペパーミントなど

よい睡眠を得るために:眠る環境づくり

  • よい睡眠を得るために
  • 睡眠トリビア

ページ先頭へ