よい睡眠を得るために-食事の工夫

  • よい睡眠を得るために
  • 睡眠トリビア

朝食はしっかりと、夕食は睡眠2時間前までに

朝食:
朝食は、一日の活動が始まるサインとなって心と体の覚醒度を上昇させますが、脳のエネルギー補給の点でも重要です。
睡眠中、脳は記憶の整理など活発に活動しているため、起きている時よりエネルギー消費量が高まっています。脳が一日の活動をはつらつと始めるためにも、朝食をしっかりとることが大切です。
脳の覚醒度をアップさせるためには、よくかむことができる食事がオススメですが、時間がない場合は、果物やジュース、シリアルバーなどを上手に取り入れてエネルギーをチャージしましょう。

夕食:
夕食は、最低でも寝る2時間前には終わらせるようにし、腹八分目を守り、アルコールはほどほどに。
また、夕食後のカフェインは避けましょう。寝る前には、気分の鎮静効果があると言われるカモミールティーなどをホットで飲むと、リラックス効果が期待できます。

夕食は早めにほどほどに・朝食はキチンと

よい睡眠を得るために:軽い運動

  • よい睡眠を得るために
  • 睡眠トリビア

ページ先頭へ